自立を望む発達障害者支援 (ASP・HFASD・HFPDD・PDD−NOS)
 


 自立を望む発達障害者の会「アズウィッシュ」ですが、2013年より活動を始め、初年度
は、これまで
4回のSSTコミュニケーションワークと、6回のSST傾聴ワークを開催しま
した。いずれも、
成人当事者さんに自立のためのスキルアップと、自らの方向性を見
定めていただくこと
を目的としています。特徴としては、お仕着せの支援ではなく、当事
者さんご自身が、ワークの中の経験や気づきの中から、自らの自立・就労の方向性を見
定めていくためのお手伝いをしていく・・・という方針です。会の名前のアズウィッシュ、
「as your wish(あなたの望みのままに)」の由来ともなっています。


 当会では、心理カウンセリング手法を中心に、楽しみながらのサークル活動や共同作
業の中で、人と関われる自分、
仕事を分かち合い成し遂げられる自分を見付けていく
お手伝いをいたします。発達障害の隠れた問題である大人としての
アイデンティティの
未確立を解決
すべく、受容的で肯定的な関わりの中で心の芯を育み、自分らしい生き
を見付けるお手伝いをしてまいります。

アズウィッシュ 大阪支部
★SSTコミュニケーション・ワーク コミュニケーションスキルの向上と、発達障害の特性
理解・自己確立の促進をめざし、構成的エンカウンターやディスカッションなどの活動を行
います。


★SST傾聴ワーク 人の話の聴き方講座。単に聴き方を学ぶことにとどまらず、自分の
心の在り方・動き方を確認しながら、自他の理解能力を高め、会話を通じて相互に思いを
やり取りする力を養います。


★当事者限定グループワーク 発達障害の当事者のみが参加できる心理カウンセリン
グのグループです。同じ境遇の者が集まり、悩みを語り合う中で問題解決をめざし、自己
肯定感を取り戻すためのワーク。


アズウィッシュ 京都支部 京都のワークは準備中です!
★SST傾聴ワーク 人の話の聴き方講座&。単に聴き方を学ぶことにとどまらず、自分の
心の在り方・動き方を確認しながら、自他の理解能力を高め、会話を通じて相互に思いを
やり取りする力を養います。


★発達障害を共に考える会 アズウィッシュ京都支部では、アスペルガ−などの高機能
広汎性発達障害の当事者・ご家族・支援者の方々に一同に会していただき、互いに語り
聴き、相手の立場を理解するとともに、悩みや苦悩を共有する場として、「発達障害を共
に考える会」を開催しております。
(「発達障害を共に考える会」は、大阪ではこころぴあビレッジ主
催ですが、京都ではアズウィッシュ京都支部が主催となります)




 ←お問合せはこちら