自立を望む発達障害者支援 (ASP・HFASD・HFPDD・PDD−NOS)
 



関西開催 発達障害を共に考える会 in京都

主催:アズウィッシュ ASWISH

京都支部TOPページへ→

発達障害を共に考える会(京都)」ご案内

アズウィッシュでは、アスペルガ−などの高機能広汎性発達障害に関わるあらゆる方々、当事者・家族・支援者が集まり、この障害にまつわる様々な悩み・問題・困難について、共に語り合い、共に互いの立場や思いを感じあう場として、「発達障害を考える会」を開催いたします。」



ご予約はこちらから受け付けております
(予約受付は、インターネット予約のみ:電話受付はしておりません)

主に土曜日開催、発達障害のご家族・支援者・当事者にご参加いただけるグループカウンセリングの場です。
皆で語り・聴き、互いの思いを交し合い受取りあい、悩みを分かち合うグループです。

  過去の告知情報へ                                   cgi提供:SiteHistory by HyperionEditorbyGigaSpeed  


内  容 発達障害の様々な悩み・問題・困難について、当事者・家族・支援者が一同に介し、共に考える会です。

「発達障害を共に考える会」には2通りの開催方法があります。
一つはテーマを設定し、冒頭にそのテーマに沿った話を、1〜2人の方にしていただきます。その後、円卓形式で、グループワークに移行していきます。
二つ目はノンテーマで、時間のすべてを円卓方式のグループワークで開催し、フリートークでお話合いいただきます。

次のような方に、おすすめの行事です。

・発達障害の悩みについて、実体験・経験に基づいた話を聞きたい。
・自分以外の立場の人(当事者・家族・支援者)の意見や感じている思いを知りたい。
・悩み・困難の解決法、支援法などについて、それぞれの立場で、共に考えたい。
・当事者さんであれば、自らの生きづらさを解消したい。
 家族・支援者さんであれば、支える当事者さんの悩みや問題を解消するために、
 自分ができることを模索したい。
参加条件
高機能広汎性発達障害者(診断の有無は問いません)の当事者・家族・支援者

(原則、取材は、お受けしておりません。
 マスコミ・報道・編集関係者の方のご参加は、事前にご相談ください。)

完全予約制(定員20〜30名程度)
参加費

テーマありの日 1,200円、ノンテーマフリートークの日 1,000円 (要 予約)

注意事項
・医療上の治療を目的とはしておりません。
・中学生未満のお子様連れでのご参加はご遠慮下さい。(ただし特例として、1才半未満のお子様は、保護者が責任を持って監督する条件で、参加可能です。保育はございません。)
・予約キャンセルは開催7日前までにお願いします。

京都支部TOPページへ→


【過去のスピーチ付きイベント開催行事】
     
発達障害をともに考える会 in京都
2014.06.28(土)
13:30〜18:30 (開場13:15)注:今回はいつもと時間・場所が違います!
地下鉄 烏丸線 丸太町駅 徒歩1分(駅直結のビル)
http://www.kyo.or.jp/kyoto/img/k_map02.gif
会費 1,200円(スピーチ付き)
    小冊子600円相当を参加者全員にご進呈!
    「発達障害 快適!学校生活サポートブック 学童期〜思春期編
参加資格 高機能広汎性発達障害の当事者・家族・支援者
ファシリテーター:高橋・新田(予定)

[スケジュール]・・・注:時間は変更となる場合がございます
13:30 ごあいさつ
13:40 講演「発達障害 学校支援と思春期課題」
        「自立を望む発達障害者の会 アズウイッシュの目指すもの」
     講師:新田かなと  (途中 休憩有り)
15:30 休憩 15分
15:45 当事者対談会「就労場面での困り事と、SSTワーク」
     ※島氏による講演は講師都合による欠席で、演目変更となりました。
16:30 休憩 10分
16:40 参加者全員によるグループワーク
18:30 終了

チラシはこちらからダウンロード


 ←お問合せはこちら