発達障害者支援 (ASP・HFASD・HFPDD・PDD−NOS)・各種研修・啓発活動
一般の方向け就職活動準備支援
 


  


                         
アズウィッシュがご提供する場が参加する方々にとって、安心して過ごせる場であると共に
ゆったりと自分を見つめなおせる場となれることを、スタッフ一同願っております

【アズウィッシュ・こころぴあ 行事カレンダー】 カレンダーの日時は、最新でない場合がございます。
ご参加に際しましては、ホームページ記載の日時をご確認の上、ご来場くださいませ。


SST会員専用ページへ(ログイン)    SST会員へのご入会はアズウィッシュ行事会場にて受け付けております

アズウィッシュは、こころぴあビレッジNow & Here、ぐるーぷ”わ”、サークル囲炉裏 の4団体の協力を得て運営しております!

    
 事務局からのお知らせ
京都支部へはこちらから→→→
    
 事務局からのお知らせ
大阪支部からのお知らせ

  過去の告知情報へ              cgi提供:SiteHistory by HyperionEditor byGigaSpeed  管理用→  

2016年度 SSTワーク 新規参加者募集!
今年度のSST行事計画をパンフレットにしました!
三つのSSTワークについても、詳しく説明を加えています。
どうぞご覧ください!
→2016年度 SSTワーク(大阪)春コースチラシ SSTワークパンフレット


よくあるお問い合わせに対するご回答
Q.「SSTワークに参加したいがどうしたらよいのですか?」というご質問を多数いただいております。

A.ご回答
2014年度より招待制は廃止します。申込受付は、こころぴあビレッジとアズウィッシュのグループワーク
会場で行っています。ご参加を希望される方は、
まずは今後、アズウィッシュ大阪支部の「当事者限定グループワーク」(大阪開催)か、
発達障害者支援団体「こころぴあビレッジ」の「発達障害をともに考える会」(大阪開催)か、
アズウィッシュ京都支部の「発達障害をともに考える会」(京都開催)のいずれかに、
ご予約の上、ご来場ください。→SSTワークの参加の前に、グループワーク参加が必要なわけ


    
 1Day SSTワーク

2016年度 冬
【コース1】1day SSTコミュニケーション・ワーク 2017.1月 
2017.1.14(土) 11:00〜19:45大淀コミュニティセンター
          (休憩予定時間 13:30〜14:00、17:45〜18:30)
 参加資格:発達障害の当事者・支援者

2016年度 冬
【コース2】1day SSTコミュニケーション・ワーク 2017.1月 
2017.1.14(土) 14:00〜15:30大淀コミュニティセンター
 ・安定就労を考えるワーク          約1.5時間
 参加資格:発達障害の支援者
        注:当事者さんはこちらのコースには参加できません。
              コース1にご参加ください。

    
 特別企画
◆2016年度

大阪開催 発達障害啓発のための一般公開講座と、母親支援グループワーク 
       大正区役所 子育て支援室さんとの協業イベント
公益財団法人イ具進会(ぐしんかい) 助成事業

NPO法人アズウィッシュでは、2016年秋から冬にかけて、
大正区役所 子育て支援室さんにご協力をいただいて、
2回の一般公開講座と、母親支援のグループワーク(ピア・グループカウンセリング)を開催します。

★チラシのダウンロードはこちら★

講演会1「発達障害 地域で支える育み子育て
     〜ちゃんと知ればみんなで支えていける
日時 2016年12月13日(火曜)18:00〜19:30 開場17:40
場所 大阪市立小林小学学校 多目的室
    (JR環状線・地下鉄鶴見緑地線 大正駅から市バスに乗り換え
     バス停「小林」下車 徒歩4分)
参加資格 特に制限はございません。
       発達障がいを持つ子どもの保護者・支援者の方
       発達障がいに関心のある一般市民の方々
       特に、一般市民の方々のご参加、歓迎しております!
定員 100名 完全予約制 
        @インターネット予約 
        AFAX 06-6553-1986
        B郵送 551-8501 大正区千島2-7-95
          大正区役所子育て支援室「11月発達障がい講座 申込み係」宛
          FAX・ご郵送の方は、チラシをダウンロードして、
          所定事項をご記入の上、ご送信お願いします。
会費 無料


★チラシのダウンロードはこちら★

講演会2「発達障害の思春期課題
     〜将来の就労を見据えて、今から心がけておきたいこと
日時 2017年2月18日(土曜)14:00〜16:00 開場13:40
場所 大阪市 大正区子供子育てプラザ 軽運動室
    (JR環状線・地下鉄鶴見緑地線 大正駅から市バスに乗り換え
     バス停「永楽橋筋」下車 徒歩4分)
参加資格 特に制限はございません。
       発達障がいを持つ子どもの保護者・支援者の方
       発達障がいに関心のある一般市民の方々
       特に、一般市民の方々のご参加、歓迎しております!
定員 80名 完全予約制 (近日予約受付予定)
会費 無料


大阪開催 講演会とペアレントトレーニング 
大阪府福祉基金 助成事業    
講演会   講演会予約はこちらからチラシダウンロードはこちらから
NPO法人アズウィッシュでは、2016年7月〜2017年1月にかけて、
武庫川女子大学 大学院教授であり、アスペエルデの会臨床統括ディレクターのの石川道子先生をお招きして、
講演会(7/24(日曜日))と、6回連続(8月〜1月)のペアレントトレーニングを開催します。

ペアレントトレーニングは、一般に「三倍大変」といわれる発達障害児の子育てについて、
発達促進的なやり取りや、子どもの行動理解の仕方を、6回シリーズで学んでいきます。


    
 当事者限定グループワーク
大阪開催 当事者限定グループワーク 

★予約申し込みはこちら★
当事者グループワークへの予約はこちらから

主に土曜日開催、発達障害の当事者さんを対象に、皆で語り聴き悩みを分かち合うグループカウンセリングの場です。


  過去の告知情報へ                 cgi提供:SiteHistory by HyperionEditor byGigaSpeed  管理用→ 


    
 自立を目指す発達障害者のためのSSTワーク

大阪開催 SSTワーク コミュニケーションワークページへ 傾聴ワークページへ
自立を目指す発達障害の当事者さんを対象に、ソーシャルスキル・コミュニケーションスキルの向上を目指すグループです。

  過去の告知情報へ              cgi提供:SiteHistory by HyperionEditor byGigaSpeed  管理用→ 



 
 スタッフブログの紹介
★スタッフブログ 「育児パパのあったか・やさしい発達障害談義」

  http://ameblo.jp/kanrinin-hp

   スタッフが、日々の発達障害児の子育てや、発達支援活動から感じるところを書いています。

    おかげさまで、
    日本ブログ村 「発達障害」部門 人気ブログランキング IN-Point最高位 1位 2013.05現在
    日本ブログ村 「発達障害」部門 人気ブログランキング OUT-Point最高位 1位 2011.10現在


    日本ブログ村 人気記事ランキング入りした記事からご紹介
  
           

【ご好評を頂いた連載記事】

生身の成人当事者さん達の実態 〜発達障害の豊かな可能性と、閉塞感に満ちた社会での様相

発達に遅れのある子達の幼児期の問題を探る 早期診断・早期療育シリーズ 

発達障害を持つ子達に、大人はどんな態度で接していけばよいのか 叱る・諭す・教えるを考える

当事者と定型発達が、真にわかり合う為に(1) 

成人発達障害 安定就労を目指しての考察

発達障害のココロの中の複数の自分 混ざり合わないパーツのままの自分達

視知覚認知テストからみる発達障害のこだわり

親子にまつわる諸問題 障害受容シリーズ想像性の障害困難の実態シリーズ

親子にまつわる諸問題障害告知シリーズ 状況把握の困難の実態時リーズ

発達障害は増えたのか (時代が作る障害児) 発達障害の思春期課題シリーズ


【ご好評を頂いた単発記事】

【発達障害児を育てるお母さん方へ】

発達に遅れのある子達の、母親への愛着行動の乏しさ 〜表現の仕方を知らないだけで、愛着は本当はある

発達に遅れがある子達 その子が1歳半から4歳くらいまでの微妙な状況と、母親のつらい日々

遅れのある子を抱え不安で一杯のお母さん方へ 成長が上昇気流のスパイラルに乗る時がきっと来ます!

「子どもをしっかり叱らないから、なめられてるんじゃないか」定型の常識の押付けが母と子を追い込む


【成人発達障害の問題】

漂流する成人発達障害 〜診断までの長い経過、その後のつらい現実。病院では解決できない問題がある

生身の当事者さん達に関わらせていただいて、驚いたこと  本で語られる印象と随分違う(1)

生身の当事者さん達に関わらせていただいて(2) 二次障害に苦しむ当事者さん達の姿

広沢医師のインタビュー記事から思うこと 発達障害の根本にある人としての純粋さの価値

親に障害を認めてもらえない悲しみ 本当は一番理解してほしい存在だからこそ・・・

発達障害があると、世間話が上手く行かない訳を考えてみる :会話の苦手を考える



【発達障害を抱えた家族の問題】

ある夫婦の物語 一人の女性との出会いが当事者さんの人生を開く 〜発達障害のある人生をどう生きるか

【障害特性を掘り下げるシリーズから】

視知覚認知テストから見る発達障害のこだわり

肯定形の言葉の裏に、否定型の意図が隠れている言葉遣い 当事者さん達が混乱するひとつのパターン

「三分間遅れましたね」発言に定型発達が怒り出したエピソード もし当事者さん同士なら・・・

会話過程の思考パターンの多様性 文字で考える、絵で考える :ココロの不思議

【発達障害児関連】

集団生活に馴染む為には、まずその子自身が尊重され気持ちに沿うことの大切さ

顔色・表情は読めなくとも、相手の感情は強く伝わる。敏感なココロ・・・伝えたい事こそ、おだやかに

IQで、支援の線引きをすることの問題点 彼らなりに抱える社会性・コニュニケーションの問題


発達障害は増えたのか!?(時代がつくる?障害児)

子どもには、発達障害の遺伝因子を、修復できる時期がある!?







      


 ←お問合せはこちら